作者プロフィール

このブログの作者について 発覚当初の状況等も

プロフィール

about

ふじを。

大阪でフリーランスとしてWebサイトの制作やグラフィックデザインなどのお仕事をしています。
旦那さんと二人暮らし。
まさかの入籍した一週間後に救急車で運ばれ卵巣のう腫ができていることが発覚( ̄◇ ̄;)
2ヶ月後の誕生日の次の日に入院…無事手術を終え、療養中にこのブログを作り始めました♪
http://fuji-a02.com

腫瘍発見当初の状況

年齢

24歳10ヶ月。

腫瘍が発覚したきっかけ

ある日寝ている時に突然激しい下腹部痛に襲われ、救急車で運ばれた先の病院でCTを撮ったところ、卵巣が腫れているとわかったことがきっかけです。恐らく腹痛の原因はなんらかの衝撃で卵巣が捻れてしまったこと(※1茎捻転(けいねんてん))ではないかとお医者さんに言われました。緊急手術で卵巣・卵管摘出となることもある茎捻転ですが、幸い私は緊急手術にはならず2週間程で痛みが引いたので、1回転ではなく半回転ぐらいで元に戻ったのでは…と言われましたf^_^;
※1 「茎捻転(けいねんてん)」とは、なんらかの衝撃で卵巣がぐるっと回転し、卵巣を支えているじん帯がねじれてしまうことをいう。激しい腹痛・発熱・嘔吐等の症状があらわれ、人によってはショックで気絶してしまう人も。

自覚症状

救急車運ばれる日までは、痛みとかはまったくゼロです。生理痛はお腹より腰痛がきついタイプです。卵巣が大きくなって背中側に回っていたらしいので、なんか圧迫してたのかなぁ…あとは生理中に膣がつっぱるような痛みがあったぐらいかな。気になって手術をしてくれた先生に聞いてみましたが普通にスルーされたのでこれはたいした事ではないのかと思ってます←
生理痛以外には、頻尿・便秘などの症状は全くありませんでしたが、高校〜大学生ぐらいの頃からダイエットを頑張っても頑張っても下っ腹がどうしてもへっこまないなぁ。。という悩みがありました(笑)。腹筋を頑張ってみたりぐりぐりマッサージしてみたりしても改善せず…今思うとなんて恐ろしいことをしていたんだという感じですがw
あとは腰痛持ちでしたが、運動不足とデスクワークのしすぎかなぁと思ってました。術中の写真を見せてもらうと卵巣が子宮の裏側へまわってしまっていたのでもしかしたらそのせいもあったのかな?手術してからはこころなしか腰痛が軽くなったような…?(笑)という感じですw

生理周期・不正出血など婦人科系で気になっていたこと

私の場合は、術前検査の結果、生理周期の乱れや不正出血はホルモンバランスの乱れが原因で今回の卵巣のう腫とは無関係だといわれましたが、生理周期はずっと不順です。2ヶ月近くあいたと思ったら次は2週間後にきたり。あとは不正出血が昔から多いです。茶色いチョコレートみたいな色の血が少しずつチョロチョロ出てる感じ…婦人科に行くと無排卵月経って言われてしばらくすると止まって次は普通の生理が来るみたいな感じでした。
また、その他きになることといえば初潮が小5だったのですが、小6の時1年間生理が止まらなかった(毎日小さいナプキンかおりものシートがいる程度の少量の出血が続いた)ことがありました。当時は内診がどうしても無理で病気で死んでもいいから婦人科だけは行かない!!と言って放置してました←
止まったから良かったものの…
なので原因は未だにわかっていません笑

婦人科診療・検診の頻度

最近は特に不正出血が多かったので、お医者さんに”もうこんでええ!”って言われるぐらいよく婦人科に行ってました。笑
内診も子宮ガン検診(もちろん異常なし)も受けてましたが、今回の卵巣嚢腫はその時には見つけてもらえませんでした。
ただ、そことは別の婦人科の先生に診てもらった時、『なんか良性の腫瘍が出来てるかもしれないね〜でもエコーだと便と同じ感じにうつるから微妙なんだよね〜…また次回来てくれた時にもっぺん診るわ!』って言われてたんですよね…
その先生の病院が実家の近くで自宅からは遠かったのもあって結局その後は行くこともなく…
自宅近くの婦人科の先生に”なんもないよ〜綺麗な卵巣しとるから〜”って言われてやっぱ便だったんだな〜って安心してたのですが、結局腫瘍でした。笑
やっぱりお金はかかるし面倒くさいけど、セカンドオピニオンはすごく大事だと思います>_<


トップページへ戻る